FC2ブログ
2020-03-12(Thu)

393 梅の花が満開

最近の暖かさで梅の花が満開になった。
祖父が植えた苗を庭に植えた物で、30年位にはなると思う。
家の北西にあり、冬場は日当たりは良い。
一時は花も咲かない時期があり枯れていくかと思ったが、
選定が良かったのか今年は沢山花を咲かせた。
選定は、適当に私がしたものである。
梅の実を収穫して梅酒を作ってみようと思っているが、
蜂などの虫が飛んでおらず、上手く交配して実を付けるかどうかは
解らない。

   3月9日20200309  2月25日20200225
         3月9日              2月25日

   3月12日20200312  梅の花接写20200312
        3月12日満開            満開の花の接写
スポンサーサイト



2020-03-09(Mon)

392 冬の高見山

先週金曜日に東吉野のたかすみ温泉に行った際に高見山を撮影した。
前日に雨が降った際、高見山は雪のようで、山頂は白く色付いていた。
1987年2月に友人と登ったことがあり、当時を思い出した。
当時の写真は、残っていなかった。
撮影した写真は、国道166号線の新木津トンネルを出たところの左空き地に停車して撮ったものです。
右手は高見川で、昔は峠越えをしていたのでこのような高見山を見ることが出来なかったと思う。
今は道も広くトンネルが出来ており、自宅から車で30分程で行ける。
登って見たいと思うが、この歳では体力的に厳しい。
写真撮影で我慢しようと思った。

   雪の高見山120200306   雪の高見山220200306
 
               雪の高見山420200306

2020-03-08(Sun)

391 温泉めぐり

この冬は、月に2度ほど近くの温泉に通っている。
自宅から車で30分から1時間程度で日帰りである。
道の駅やその地区の入浴施設で、宿泊施設は殆ど無く地元の人達や登山帰り、ドライブの途中の休息の場所である。

昔は登山の帰りに数度入ったことがあった。
今回は読売新聞購読者に配布される「Yomiっこ」にクーポン券が付いており、一度行ってみようと思い御杖村「みつえ温泉 姫石の湯」に行ったのが切っ掛けで続いている。

料金は500円から800円で、クーポンを使うと100円引きである。
これまでに行ったのは、東吉野村「ふるさと村 やはた温泉」「たかすみの里 たかすみ温泉」、月ヶ瀬「梅の郷 月ヶ瀬温泉」、曽爾村「曽爾高原温泉 お亀の湯」、天川村「洞川温泉センター」の6カ所で温泉を味わった。

日帰りでは、まだ何カ所か有るので行ってみようと思っている。
自宅の浴槽と違って、寒さを感じないので体が温まり自宅に帰っても気持ちが良い。
最近ではあまり寒さを感じなくなった。
少しは温泉の効果があったのではないかと思っている。
暇なときに思い立って行けるのが良い。
冬の寒い時期は、続けようと思っている。

  たかすみ温泉2020   曽爾高原温泉 お亀の湯2020
      たかすみ温泉             曽爾高原温泉 お亀の湯
2020-01-01(Wed)

390 令和2年元旦を迎えて

新年明けましておめでとう。
今年も4時に起床して、墨坂神社にて参詣し徒歩で鳥見山の公園に登りご来光を迎えた。
お天気も良く、多くの人が訪れて公園では甘酒・豚汁のおもてなしがあり、良い初詣となった。
昨年は大病もせずに過ごすことが出来、元気で越年出来たことを感謝して、今年も大事なく過ごせることを祈った。
今年の年賀状
令和2年年賀状 今年も初詣で撮影した初日の出を印刷して頂いた方に添え書きをしてお送りした。
到着が遅れるが、私としてはこれからも続けて行くつもりである。

     公園内から見た日の出前  初日の出の瞬間
      公園内での日の出前           日の出の瞬間

     令和2年初日の出  見晴台から桜井・飛鳥方面
      初日の出                桜井・飛鳥方面(金剛・葛城・二上山)

              見晴台から大宇陀・菟田野方面
               見晴台から大宇陀・菟田野方面


2019-12-31(Tue)

389  2019年(令和元年)の年末を迎えて

先日79才の誕生日を迎え、特に病気もせずに1年を過ごすことが出来た。
健康を維持できたのも、日頃家に閉じこもることなく外に出て活動出来たことが良かったように思う。
特に、NPO法人「山野草の里づくりの会」での活動は、2008年11月からで、11年になる。
週に2日であるが、殆ど休むことなく活動に参加出来た。
これも自分の参加する目的がはっきりしているので、その成果が出てくることで、遣り甲斐を感じるからである。
又、NPO法人「音楽の森むろうコーラス」の一員として月2日の練習に参加して歌の練習と共に、コンサート、寺院での歌の奉納、慰問などで歌っている。
これも2012年に入団して、8年目を迎える。
最初の舞台は、東大寺で東北震災の復興を祈願して大仏殿の祭壇上で歌の奉納に参加して歌った。
歌うことには、劣等感を持っていたが、最近では楽しみの一つになっている。
更に週に1日ヨーガ教室に通っている。
これも、15年間通っており自分の体調を整える一つとして続けている。
一時腰痛に悩まされフィットネスに通い水泳などをしていたが、そこで指導を受けた先生からヨーガを知り腰痛が解消した。
歳と共に体は硬くなってきているが、体の柔軟性を維持していくためのは、それ相応に効果があると思っている。
それ以外に、ボランティアー活動として、小学生の学童補導を続けている。
これもはっきりは覚えていないが、自治会の勇士でやるようになって10年以上は続いている。
これも当時、学童誘拐事件の報道されたことが、切っ掛けで始まったと思う。
自分は登校時しか対応出来ていないが、朝の日課になっており、日頃の規則正しい生活も決まった時間に起床出来ること、そして子供達と会話することで1日が元気に過ごせると感じている。
趣味の絵を描くことは、最近は疎かになっているが、これも今は体の自由がきかなくなった時に、趣味として描けば良いと思っている。
来年は傘寿(80才)を迎える。
これからも健康寿命を維持して、現在の生活を来年も頑張って行くことである。

プロフィール

はいばらじじ

Author:はいばらじじ
昨年の12月で79歳になった。日々体力の衰えを感じている。活動を続けるものの歳相応に無理をせずにゆっくりと続けていきたい。このブログも途絶えがちでは有るけれど、人生終末を迎え自分史を作るためにも、可能な限り続けたい。写真は昨年9月に大阪下寺町を散策した際に友人が撮影された物を掲載した。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ