335 水彩画「アケビの蔓籠に生けた野の草花」

ブログ 水蔓彩画「アケビの蔓籠に生けた野の草花」
             2016年9月作

久しぶりに水彩画を描いてみた。
毎週活動に参加している「山野草の里づくりの会」に最近女性の新メンバーが加わった。
その方がアケビの蔓籠に草花を生けて持ってこられた。
全て自作とのこと。
その籠が気に入って写真を撮り描いみようと思い1週間前から画板に向かい暇を見て描いた。
大体完成したので投稿した。
園の庭石の上に置いてあり逆光であるが、蔓籠を目立たせるために草花少し暗く描いてみた。
最近は余程その気にならないと描かなくなった。
まだ、外で体を動かしている方が良いのである。


水彩画「アケビの蔓籠と野の草花」

334  蝶「キアゲハ」の撮影で

毎週「山野草の里づくりの会」のボランティアー活動に参加している。
最近は良い場面が撮れないかと作業中もカメラを持参している。
今日は大変暑い日で、朝からビオトープの除草作業を行った。
昼頃になって暑さに負けたのか気分が悪くなって引き上げた。
昼食を終えて休んでいると花の蜜を求めて「キアゲハ」がひらひらと飛び
廻っており、気分が悪いのを忘れて撮りまくった。
20枚程撮ったが殆ど失敗、中に飛行中のタイミング良い一ショット撮れた。

  キアゲハ1   キアゲハ2

  キアゲハ3   キアゲハ4
      飛び上がる瞬間             飛行中

333 秋篠寺「技芸天像」を描いて

5年程前に奈良市内にある「秋篠寺」に訪れている。
薬師如来を本尊とするお寺で奈良時代に建立されており、国宝となっている。
訪れた当時、重要文化財に指定されている「伎芸天」像に魅了されて、 一度描いてみたいと思っていた。
今年の2月に奈良市内の友人宅にお邪魔した際に秋篠寺による機会があり、その時に伎芸天の写真を手に入れることが出来た。
写真の模写であるが、均整の取れた肢体が美しく、口を薄く開いて優しく語りかけるような表情に魅了されたのである。
お寺のパンフレットでは「伎芸天」はシバ神の髪の生え際から生まれた天女と記載されており、女神の様である。
自身の鉛筆画では、その表情を表すことが出来ない。
写真をと思ったが、著作権があると思い掲載をさけた。
 
この数年、奈良散策で多くの寺院を訪ねており、その都度仏像の写真があれば 手に入れており、暇があれば写仏・模写している。
これからは体も自由が利かなくなり外へ出られなくなった時を考えて、こんなことをしてでも過ごせればと思っている。
                                  
             秋篠寺技芸天像20160826

332 地区の「花火」を観賞して

当地区の花火大会は毎年8月4日に行われる。
今年で59回目で、居住してから37年なので、その前から行われており結構長く続いている。
現役中は殆ど観賞したことがないので、記憶が薄い。
娘が嫁いだころからは里帰りで娘達家族が集まり観賞するようになった。
今年も孫6人で総勢10名である。
上の娘の旦那は仕事で来られなかった。
盆、正月は嫁ぎ先の家族が集まる関係で、来ることが出来ずこのようになってしまった感じである。

今年はこれまでに無い奈良県最大の4,200発が打上げられたようで広告では「全国花火まほろば競技会」と言うことで多くの花火メーカーが参加されネットでのお気に入りの花火を投票出来るようになっていた。

その関係かこれまでに無い花火があり、楽しむことが出来た。

毎年撮影をしているが、あまり完ぺきとまではいかない。

100枚程撮影した中で良いと思われる変わったものを投稿した。


榛原花火No1 榛原花火No3  榛原花火No2

榛原花火No4  榛原花火No5  榛原花火No6 

榛原花火No8 榛原花火No9 榛原花火No12

他にも良い花火があり、YouTubeにスライドショーで投稿しようと準備している。
YouTubeへの投稿 8月7日に完了
    URL     https://youtu.be/748yYQcN7rA
ウェブサイトで検索してみて頂ければ幸いです。


330 山野草園のササユリを撮影して

NPO法人「山野草の里づくりの会」の山野草園では除草等の手入れが行き届いたのか例年に比べ「ササユリ」の開花が多く見られた。
この地区では過疎化が進み田畑・山林が荒れ昔の里山が壊れていく感じであった。
週2回の活動日は昔の里山の復活を願って、短時間でも除草作業を行った結果多くの希少な植物が見られるようになった。
他にも山野草を守る会の人たちが調査を兼ねて手入れを行っており、日本古来のスズラン、キンラン、ギンラン等の復活も見られる。
ただ、最近では所在地を公表すると盗掘が避けられないことや、活動する私たちも生態系を守るために、これらの動植物の持出し持込にも気を使っている。
ササユリの群落 
</div><div><b>その中で今年の「ササユリ」の開花は見事であったので写真を投稿させてもらった。</b></div><div><b>ササユリの時期を外れた投稿であるが、これからも園に来て頂く人達にも花を楽しんで頂けるようにと、環境整備に努力したいと思っている。</20160604 ササユリNo2 20160604 ササユリNo3 20160604

ササユリNo4 20160604 ササユリNo5 20160604 ササユリNo6 20160604

それぞれに場所によって光が異なり色等表情が異なって見えた。
プロフィール

はいばらじじ

Author:はいばらじじ
昨年12月で後期高齢者の仲間入り、ここまでブログが続けられたことに、自分なりに感心している。訪問される方には感謝している。ただ、最近はボランティアー活動が忙しいのと、歳と共に億劫になり勝ちで、気の向いた時しか対応しなくなった。何時まで続くか解らない。 写真を本年の1月の薬師寺の平和祈願法要の際に大唐西域壁画殿内で歌の奉納を行った場面である。(2016年1月5日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR